審美性も考えた治療が可能|二重整形をするなら美容整形外科に行って相談してみましょう
婦人

二重整形をするなら美容整形外科に行って相談してみましょう

審美性も考えた治療が可能

ビフォーアフター

日帰りで手術を受けられる

まぶたを引き上げるための筋肉が衰えて、まぶたが下がる眼瞼下垂は高齢者を中心に多くの人が罹る病気としても知られています。一方で、最近の眼瞼下垂の治療は日帰りで受けられる術式も登場しており人気となっています。日帰り手術治療は局所麻酔を行うため、入院の必要がありません。両目に問題がある場合でも、左右差のバランスを考慮しつつ同時に手術を行う事ができます。手術の時間は個人差もありますが、片目で20分から30分程度で終わらせることが可能です。手術を終えた後はしばらくダウンタイムがあるため、目の腫れを隠すためにもサングラスを装着するといった対策を行います。術後一週間程度で抜糸のために通院をすれば治療は終わりとなります。この手軽さもあって、眼瞼下垂の治療では日帰り手術が人気です。

整容面と視機能面の両立

かつての眼瞼下垂の手術は、主に視機能面に限定した治療方針を取っており、目の機能を阻害しないように皮膚切除やまぶたの固定を行っていました。しかし近年は主に美容整形において整容面と視機能面の両方で患者が満足できる治療の提供を行うようになりつつあり、今後の眼瞼下垂の治療の主流となると見られています。まぶたの開き方、左右差、ラインといった審美性は術後の患者の生活に影響します。それだけに元々審美性を重視した美容医療を提供している美容整形では眼瞼下垂の整容面での重視に取り組んでいるのです。カウンセリングを数度行って、デザインを患者と相談して決めたり、患者の負担が少ない治療法を用意しています。このような取り組みもあって、今後の眼瞼下垂の治療は整容面と視機能面が両立された手術が増えると予測されます。