目を開きやすくするために|二重整形をするなら美容整形外科に行って相談してみましょう
婦人

二重整形をするなら美容整形外科に行って相談してみましょう

目を開きやすくするために

女性

眼瞼挙筋のたるみを解消

まぶたには眼瞼挙筋という筋肉があり、そこに力を入れることで、まぶたは持ち上がります。力を入れれば入れるほどまぶたは上がり、その分目が大きく露出して、パッチリと開いた状態に見えるようになります。ところがこの眼瞼挙筋は、加齢によって徐々にたるんでいきます。たるむと、まるで伸びきったゴム紐のようになりますし、そうなるとうまく持ち上げることができなくなります。強い力を入れなければ、目を大きく開くことができなくなってしまうわけです。もちろん平常時には、目の大部分がまぶたに覆われることで、目が細く見えます。この状態は眼瞼下垂と呼ばれているのですが、これは美容外科での眼瞼挙筋を縫い縮めるという手術により、解消することが可能です。高齢化により眼瞼下垂に悩む人が増えている現在では、この手術の需要の高まりが予想されています。

具体的な手術方法

眼瞼下垂を治す治療は、具体的にはまぶたを切開して、露出した眼瞼挙筋を挙筋腱膜に縫い付けるという方法でおこなわれています。縫い付けることで、たるんでぶら下がっているような状態を改善するわけです。また、まぶたには眼窩脂肪という皮下脂肪がついているのですが、これが多すぎることも、まぶたのたるみの原因のひとつとなっています。そのため眼瞼下垂の手術では、この眼窩脂肪を抜き取るという手術もあわせておこなわれることがあります。眼窩脂肪が減れば、一層まぶたは持ち上がりやすくなり、弱い力でも目を大きく開くことが可能になるのです。さらには切開した部分を縫合する際に、二重まぶたにすることも可能となっています。これにより目元の魅力は、一層高まることになります。