術式によっても費用が違う|二重整形をするなら美容整形外科に行って相談してみましょう
婦人

二重整形をするなら美容整形外科に行って相談してみましょう

術式によっても費用が違う

カウンセリング

挙筋前転法の導入例が増加

挙筋前転法は眼瞼下垂の術式の1つであり、複数ある術式の中でも導入する医療機関が非常に多く、今後も採用するクリニックが増えると見られている術式です。生理的な改善が可能な手術であり、他の術式が目の周囲の筋肉を切除するのに対して、挙筋前転法ではミューラー筋も含めた筋肉の温存ができます。そのため目の生理的機能を一切損なうことなく、眼瞼下垂を治療する事ができるのが最大のメリットです。得られる効果として目の開きやすさ改善やたるみの改善、眼精疲労解消などがあります。リスクやデメリットとしては技術が低い医師の執刀だと目の開きに左右差が出来るケースがあるの要注意です。技術のある医師の元で挙筋前転法による手術を受けることで、術後の仕上がりも綺麗なものが期待できることもあり、今後さらに眼瞼下垂の治療で人気の出る術式と予想されます。

治療費用と保険適用の知識

技術的にはそれほど難しくないと言われているのが、眼瞼下垂の治療です。しかし治療費という面では保険適用の有無や術式ごとの違いも大きいため、不安となる人も少なくありません。治療費用と保険適用に関しては、豆知識として治療前に調べておくと良いでしょう。治療費用は比較的軽度の眼瞼下垂の場合、自由診療となるため費用にバラつきが出てきます。一般的な相場としては30万円から50万円程度が多くなります。一方、保険適用が可能な先天性や重度の眼瞼下垂の場合、費用は5万円前後となります。また医療機関によってはこれに入院費の支払いが必要となるので注意が必要です。拳筋前転法や埋没式眼瞼下垂といった術式の違いによっても費用が違ってくるので、眼瞼下垂の治療を受ける際には費用や保険適用の有無についても、よく医師と相談する事を勧めます。